「まるわかり通信」発行します!!

こんにちは。スポーツクラブ定着コーチ・社会保険労務士の森川友惠です。

ずっと、考えていたのに行動出来ずにいた事務所通信を来月から発行することになりました!!

やはり…肩書に「定着」という言葉を使っている以上、今いらっしゃるスタッフや会員様がいかにすれば「定着」頂けるのか?これをテーマに月1~2回ペースで更新していきます。

過去に直接名刺交換させて頂いた事業所さんいは、DMもしくはメールにて配信をする予定にしておりますが、もし、本ブログをお読み頂いている方で、まだ直接お会いできていない方は、大変恐れ入りますが、問い合わせフォームより、「まるわかり通信」欲しいです!と一言添えて頂いた上で、お問合せ頂ければ、折り返し、ファイルをお送りします。

明日から使っていただける内容を「ぎゅっと」凝縮した内容で、今後もお送りします。

次回以降もお付き合い頂けると嬉しいです。

では~(^^)/

お問合せお待ちしております。

この春にマネージャーになった方へ

おはようございます。スポーツクラブ定着コーチ・社会保険労務士の森川友惠です。

連休明けて1週間。お客さまも一巡されてほぼ通常に戻られた頃ではないでしょうか?

そして、この4月に異動や配置替えで違う店舗に勤務、新しい役職についた方も落ち着いて来られた時期。いかがでしょうか?そして、晴れてマネージャーやリーダーになられた方。。もしかしたら、まだ、

「しっくりこない」

「まだまだ慣れない。」

「なんかうまくいかない。」

と感じられている方も多いんではないかなーーと思います。

声を大にしてお伝えしますが、そんなの”当たり前です。”だって、マネジメントは“管理”だけではなく、他の様々な意味が込められていますから、1カ月や2カ月で100%完璧なんてことは、ずっと同じ店舗で、持ちあがりマネージャーでない限り、ほぼ皆無だと思います。

それと、役職はついたものの、ご自身も入水したり、フロントに立ったり、スタジオでレッスンを担当したりする“プレイングマネージャー”の方はほとんどでしょう。そうなると、その上に、マネジメント業務が乗っかってきますから、本当に忙しいことでしょう。

では…どうすれば良いのか?

まずは…現時点でご自身が現場から外れられる時間を明確にしてください。出勤日で、完全にシフトから外れられる=マネジメント業務に取り組める時間が何時間あるのかを自分で明確にします。(※言っておきますが、サービス早出やサービス時間はカウントしませんよ。)

この時点で、1週間5時間も取れていない場合は、10時間確保できるようすることを目標に、自分のセクションや店舗に潜むムダを徹底的に排除してください。

で、増やした時間、何をするのか?

徹底的に、現場を見てください。見るって、何を?とよく聞かれるのですが、“人”です。そう、スタッフをきちんと見てあげてください。そのための5時間です。

一緒に指導に入ってしまったり、一緒にご案内をしてしまうと、自分の大切な部下やスタッフがお客さまにどんな姿勢で、どんな表情で、どんな声で指導をし、ご案内をしているのか?全く分かりません。

スポーツクラブ業は、施設提供、施設利用料として会費をもらっている訳ではないんです。

新しい施設や駅チカの便利な施設だから…と来られたお客さまも、スタッフの力で定着させるんです。

となると、その1番のスタッフの力がどんなものなのか?良いのか悪いのか?レベルが高いのか?低いのか?

これをマネジャーやリーダーが知らずして、どうマネジメントをするのでしょう?

このための時間確保です。

マネージャーに就いた方が1番最初にやらなければいけないことは、自分自身の“タイムマネジメント”からスタートなんですよね。

誰だって、最初は戸惑います。でも。。期待をしない人に、会社は役職をつけません。是非、この期待を意気に感じて、やり切ってくださいね~

では。本日も頑張って参りましょう~(^^)/

 

風土病にかかっていませんか?

おはようございます。スポーツクラブ定着コーチ・社会保険労務士の森川友惠です。

連休が終了して、そろそろ、お客さまもトレーニング本格指導。通常の営業ペースに戻りつつあるのではないでしょうか?

久しぶりにトレーニングに来られたお客さまに、

『やっぱり、ここが1番だよねーー』

『ここのクラブが居心地が良い!!』

『トレーニングに集中することができるよ。やっぱりこのクラブ♪』

と思っていただく、最大のチャンス到来!これを上手くつかむためには、責任者やマネジャーだけでは難しく、クラブで働く全員がこの目的に向かって、思い、行動しなくては達成できません。

“なんとなく感じる”明るさ、元気よさ、快適さ、ポジティブさ。。これって、どこから来ているか?意識されたことがあるでしょうか?

いわゆる、組織風土というものがこれに大きく影響しています。そして、これと良く似た言葉で組織文化という言葉がありますが、この2つの違いって、実に分かりやすいんですよね。

文化は『化』という言葉が入っていますから、何か人為的で意識的に変えて行く、英語で言えば“culture”。手で耕す、育てるという意味を持っていて、いわば、何かしらの努力が必要です。

一方、風土は、まさしく風と土。英語だと“climate”。天候や気候、土地の風潮という意味。人間の努力の有無に関わらず、無意識のうちに生じ、何らかしらそこに漂うものです。

ですから、人が集まって活動する組織には、必ず風土はどんなところにもあります。ここには、基軸となるような理念は必要ないけれども、長年の間に、土のように固まってしまい、組織に重力のように作用します。これが悪いように働くと「風土病」を引き起こすのです。

さて、皆様のクラブの風土はどんなものでしょうか?

もし、皆様のクラブに漂う空気が重く、暗く、凝り固まったものであるのであれば、風土病を起こしてしまっている可能性もあります。

では、そんな時、どうすれば、良いのか?

何らかの“行動”を起こすしかないですよね。でも、たった一人では、その人が壊れてしまいますから、そこにいる人の共感を引き出し、共に振れ合ってくれる仲間を作る必要があります。

そんな時に、大切なのが、会社の行く先を掲げているだろう、理念や行動指針、制度や考え方といった基軸となる価値観をきちんと共有することです。これがもしなかったり、あったとしても唱和レベルで終わっているのであれば、ここを固める必要があります。

これこそ、組織文化を作る第一歩です。1日や2日で結果を出すことはもちろん難しく、浸透するまでは時間を要するでしょう。ですが、折れずにやり続けること、そして、従業員で定期的に共有する場を設けることで、必ず、組織文化は芽生えます。

それに、「あたりさわりのない風土の組織」で働くことを選ぶ人より、「強い文化を持つ組織」で働く方を選ぶ人が定着すると思われませんか?

組織風土と組織文化。似て非なるもの。是非、このあたりの視点でクラブを見つめなおしてくださいね。

では。

(^^)/

 

連休終了後初営業日

おはようございます。スポーツクラブ定着コーチ・社会保険労務士の森川友惠です。

10日もあると大騒ぎしていた連休もあっと言う間に過ぎ去り、本日から通常営業に戻すとおっしゃるクラブも多いと思います。

ほとんどのクラブが祝日営業で通常の休館日のみお休み、もしくは、連続休館を設けて設備のメンテナンスや改修工事をされたり…で結局、スタッフや従業員の方はほぼ出勤…というところが多かったのではないでしょうか?

が、お客さまは本当に10連休、“しかも海外旅行行っていたので久しぶりにトレーニングする”とおっしゃる方や、

4月は春のキャンペーンをやって、沢山、入会が獲れました!とおっしゃるクラブも多いはず。

…となると、最も気を付けたいのは館内で起こる『事故』です。

ずっとトレーニングされている方でも10日以上休むと、体力は落ちます。そして、感覚はズレます。特にスタジオプログラムは要注意です。そもそもスタジオプログラムは“非日常感”を楽しむスペースです。ですので、日常生活にない動作の連続な訳です。

で、最近は、やれ“暗闇”だの、やれ“トランポリン”だの、さらに“非日常感”の演出に躍起ですから、さらに危険度が高まります。

ですので、設備や機器がきちんと稼働するかどうかは勿論ですが、グループエクササイズを担当するトレーナー、インストラクター全員に、

・久しぶりにトレーニングする人の参加を確認させる

・『無理しないでね』の一言を付け加えさせる。

・クラス中も、強度や難度を下げる方法を提示し、フォローさせる

この3点を徹底しておくべきです。これくらいで丁度。合わせる所は、上ではなく下であることを耳が痛くなるほど申し送りしておくと良いでしょう。

そして、もう1つは新規入会者の対応フォローです。

春キャンペーンで入会したお客さまがどっと使い始めるのが今日、明日。。あたりではないでしょうか?

きっと、オリエンテーションを受講してフリー利用となるクラブが多いと思いますが、いわゆるトレーニングスペースだけではなく、ロッカーや水周りの利用が問題なくできているかどうかの確認が必要です。

きっと、オリエンテーションでは説明しているはずで、今日説明したんだから分かっているだろう…ではなく、『忘れているだろう』と思ってフォローする必要があります。

掲示物でフォローできるのか?

館内巡回頻度を上げれるのか?

それとも、インストラクターがついてご案内するのか?

…クラブによって、人の配置によって、混雑具合によって対応できることが変わるでしょう。ですが、なかなか目の届き辛いところです。ここ数日は特別な体制があっても良いのではないでしょうか?

是非、ご検討ください。

では。本日も頑張って参りましょう~(^^)/