選ばれる理由

1.「価格」で選ばれないクラブを実現

皆様のクラブでは、お客様から頂く会費をどのように捉えられているでしょうか?『月会費=施設利用料?』それとも、『月会費=施設利用料+◎◎?』でしょうか?そして、どのような基準で月会費を決定されていますでしょうか?一般的にクラブの月会費は、施設の立地、規模、アイテムのライナップ、営業時間の長短等により決定されています。ですので、ターミナル立地で規模も大きく、様々なアイテムが楽しめるクラブは月会費が高く、逆にアイテムの制限があったり、単一のプログラムしかないといったクラブは月会費設定がやや低めというのが一般的ではないでしょうか?施設そのものがもつ「力」を私自身も実感しながら、店舗運営をしていきました。

しかし、ここで考えてみてください。月会費を決定づける要因とされる施設の立地や規模、アイテムは相当の投資をかけなければ環境を変えることは困難です。

『うちは、ターミナル立地ではないから…』

『うちの施設は古いから…』

『うちは、プールがないから…』

『うちは、施設規模が小さいから…』…と変えることができない要因を挙げて、嘆いてみても状況は変わりません。スポーツクラブのための定着率向上委員会では、価格以外であなたのクラブが選ばれる理由をきちんと作りあげていきます。

2.個性的価値を高める

クラブを運営するうえでスタッフを配置するのであれば、月会費は当然ながら『施設利用料+◎◎』となります。たとえ、立地がいまひとつでも、施設の規模が小さくても、アイテムに制限があっても『◎◎』に入る価値が高ければ、月会費を低く抑える必要などありません。価値は価格で選ばれる「絶対的価値」と感情で選ばれる「相対的価値」、そしてこれからは“誰から買ったか?”“誰にサービス・案内してもらったか?”等個と個のつながりで選ばれる「個性的価値」の3つに分かれてくるのではないかと私自身は考えています。個性的価値を高めるには、『個』そのもの(スタッフひとりひとり)の重要性・価値の伝え方が非常に重要です。スポーツクラブのための定着率向上委員会では、スタッフひとりひとりの接客・対応力を高め、スタッフ自身が自分の価値を伝えることができるように徹底したフォローを致します。

3.お客様の『不』を解消

スポーツクラブのための定着率向上委員会では、約6か月(標準期間)かけてクラブで働くスタッフと共に、お客様の『不』を解消する活動し、お客様の立場にたつ視点、『不』に気付く力、解消するための行動力を養うと同時に、チームで活動することの喜びを実感させます。この活動を通して、スタッフ自身の『どうしてこの仕事をしているのか?』『なぜここで働くのか?』の気づきにつなげます。

4.定着率向上委員会中だからこその特別サービス

スポーツクラブのための定着率向上委員会中だからこそうけることができる特別サービスがあります。

・スポーツクラブスタッフのための『ほっと』ライン

このサービスは、スポーツクラブに勤務するスタッフを対象とした電話やLINE、メッセンジャーを利用して相談ができるシステム。

・スポーツクラブマネージャー・リーダーのためのお悩み相談室 

スポーツクラブで部門リーダー、マネージャーと言われる役職についている人だけを対象としたミーティングを定期開催。日々の業務改善やリーダーシップの取り方等指導します。

以上2つのサービスは定着率向上委員会開催中のみ利用可能。

The following two tabs change content below.
morikawa55-tomoe

morikawa55-tomoe

代表社会保険労務士森川事務所
スポーツクラブ定着コーチ。社会保険労務士。 大阪生まれ。スポーツクラブを運営、経営する企業に、スタッフも会員も定着する施設を作るノウハウを伝える専門家。「スポーツクラブのための定着率向上委員会」をベースに、施設ごとに、ワークショップ型のコンサルティングを手掛けている。