採るべきか採らざるべきか…それが問題だ。

こんばんは。スポーツクラブ定着コーチ・特定社会保険労務士の森川友惠です。

スタッフの定着を考えるとき、最初は「採用のタイミング」できちんと”精査する”ことが大切なのです。

採用をするときの見極め次第で、現場に大きな負荷を強いることになりかねないですし、そもそも“スポーツクラブに勤務する資質がない”のに採用してしまえば、入社以降に大きな問題を起こしかねないからです。

スポーツクラブの場合、そのほとんどが未経験者を採用することがほとんどで、採用後、手取り足取り、1から100まで教え込む訳ですよね。インストラクターとして採用したなら、最終的にはスタジオやプールでレッスンを担当させるようになりますし、フロントスタッフであればお客さま対応は勿論ですが、金銭の取り扱い(今はほとんどが電子決済でしょうか…。)クレーム対応だって担当させることになります。

ここまで来るまでに誰が育てるのか?

…いずれのクラブも、初回だけ支店長や店舗責任者が研修を担当したとしても、残りはその部門の長をはじめ、新規で採用したスタッフがシフトインする時間に働く先輩スタッフが1から教えることになります。すると、これが、

「教えても教えても育たない、出来ない。」

が続き、思ったように育ってくれないとなると、教えられている方も相当なストレスを抱えることになりますが、教える側のスタッフにもそれ以上のストレスがかかる事になります。

きっと、教える側のスタッフは、それなりの経験と実績を持つスタッフが選ばれるでしょうから、下手をすると、この優秀なスタッフまで自信をなくしたり、仕事が嫌になり、辞める…なんて話にもなりかねません。で、結局、教える側も教えられてた側も辞めてしまうという経験を私自身もしています。

だからこそ、皆様のクラブで働ける『資質』を持っているのか持っていないかを採用のタイミングで見極める必要があります。

では、その『資質』は、どのようなものでしょうか?皆様はどのようにお考えでしょうか?

私自身は、教育や研修でどうにかなるのは基本的に『技術』レベルだと考えていました。確かに、色々と調べて知ったのが、パーソナリティと呼ばれるもので、

上記の4重丸を取り巻く知能や思想や信条を全部ひっくるめたものがこれにあたります。

で、外側に近い部分は周りに環境により変化するけれど、やはり中心にある「気質」や「気性」と呼ばれるものは変化しないだろうということを前提に、見極める必要があります。「気質」と言われる部分は、幼いころから形成されていますから、まぁ、変わらないでしょう。でも、大切なのは、本人が自分の「気質」をよく知り、下手に隠さず、正直に受け止められているかどうかが大切だと思います。

長年、様々な場所で採用活動をしてきて私の軸となる採用基準は、人に対して、きちんと正面から受け止めることができるかどうか…。『素直さ』を持ち合わせている人が、スポーツクラブ業界では伸びるというもの。

皆様の採用基準はどのようなものでしょうか?

是非、共有くださいね。

Follow me!

The following two tabs change content below.
morikawa55-tomoe

morikawa55-tomoe

代表社会保険労務士森川事務所
スポーツクラブ定着コーチ。社会保険労務士。 大阪生まれ。スポーツクラブを運営、経営する企業に、スタッフも会員も定着する施設を作るノウハウを伝える専門家。「スポーツクラブのための定着率向上委員会」をベースに、施設ごとに、ワークショップ型のコンサルティングを手掛けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です