人が育たない…とお嘆ぎの経営者の皆様へ

おはようございます。スポーツクラブ定着コーチ・社会保険労務士の森川友惠です。

企業を継続していく上で大切なものと言えば、以前は、

「ヒト」「モノ」「金」「情報」と言われていたいました。

が、今は、

「ヒト」「ヒト」「ヒト」「ヒト」と言われる時代です。

皆様が経営されているクラブでは「ヒト」の育成は順調に進められているでしょうか?特に、私たちが携わるスポーツクラブ業で大切なのは、そこに関わる「ヒト」の質です。

いくら見た目が良くても、いくら愛想が良くても、技術が高くても、その「ヒト」の質は、提供するサービスの質に必ず表れます。

人を育てる上で大切なこと。それは、自身の会社に入社をさせても良いと考える基準、いわゆる「採用基準」を明確に定めておき、この基準に達しないと判断した方は採用しない。

新規アルバイトやスタッフを採用するとき。

新卒採用をするとき。

中途採用で経験者を採用するとき。

委託契約でスタジオプログラムの担当をお願いするとき。

施設管理スタッフを採用するとき。

人を採用するというタイミングがクラブには数多くあります。もちろん、その施設の立地や環境、状況にもよるでしょう。ですが、いずれの採用にも絶対的にはずせない基準を設けておかなければ、入社してきた人の質は、バラバラで、いざ教育を始めてみたら、全く思ったように育たない…となることを数多く経験されてきたのではないでしょうか?

では、どうすれば良いのか?

その為には、各クラブの「採用力」をあげる必要があります。数回の面談や試験でその人の気質や気性を見抜くことは、困難を極めますから、まず、会社全体で「採用システム」を構築し、これを全社に浸透させた上で、「見る目」を育て、「目線」を合わせるというトレーニングが必要です。

この採用基準を作るときに、大切なことは、御社の理念を体現できる素養を持つ人なのかどうか?という視点です。

私も、当時の行動指針だった

「愛情・感謝・礼節を拡げよう」

「体育を通じた健康な心身を拡げよう」

「能力への挑戦を拡げよう」

3つを素直に実践できる人がどうかという視点を忘れずに、採用活動をしてきました。このおかげで、大きくぶれることなく、良いスタッフに恵まれ、店舗運営に専念することが出来ました。

クラブの安定した経営、運営には、やはり…『人』です。今だからこそ、一度、『人』について考える必要があるのではないでしょうか?

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
morikawa55-tomoe

morikawa55-tomoe

代表社会保険労務士森川事務所
スポーツクラブ定着コーチ。社会保険労務士。 大阪生まれ。スポーツクラブを運営、経営する企業に、スタッフも会員も定着する施設を作るノウハウを伝える専門家。「スポーツクラブのための定着率向上委員会」をベースに、施設ごとに、ワークショップ型のコンサルティングを手掛けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です