マニュアルや店舗ルールの根本をさぐること

おはようございます。スポーツクラブ定着コーチ・社会保険労務士の森川友惠です。

いやーー暑いですねーー。先週、東京へ出張したときも、1日中「暑いっ!」と言いながら過ごし、週末京都へ戻ってもやっぱり「暑いっ!」と言って過ごし、とうとう、自宅でもクーラーのお世話になりはじめました

この時期になると、気になるのが館内の環境。これを整えるのに、とても気を遣わなくてはいけないので、どの施設でも、朝1番から走り回っていたことを思い出します。

元々引っ張って来る「市水」が平均よりも暖かく、その上、プール室がトタン屋根(笑)で、室内の空気が温められて、水温がより高くなり、「スイマー」のお客さまからクレームが続出だったお店。。

施設自体が歴史ある店舗で、設備自体が寿命だったため、毎日1台ずつ空調設備が壊れていったお店。。

人が多くて、空調の馬力と不釣り合いとなってしまったスタジオ。

“暑い”とか“寒い”とか、これは人それぞれですし、トレーニングされている内容によっても感覚は全く異なりますから、調整のポイントは、きちんと館内の設定温度を決めておくことと、また、どうしてその温度設定なのかの理由を明確に示しておくことが重要です。

私がいたコナミスポーツでは、場所ごとの温度設定、水温設定が定められていましたし、これに合うように朝の立ち上げ、営業中の調整をしていました。で、よくあるのが、

「もっと、上げてくれ」

「もっと、下げてくれ」

というご要望です。

これに、皆様のクラブはどのように対応、説明されていますか?

「マニュアルで決まっているんでーーー上げれません。」

「ルールなんで、下げれないんですよねーー」

なんてことを現場で説明されていないですか?

特に、この季節の水温や室温は、ご利用になってらしゃるお客さまの健康や安全に直結する問題です。安心してご利用を継続頂くためにも、皆様のクラブの基準とされるものが本当にそれでよいのか…ということも含め、マニュアルやルールに規定されている内容を正しく理解すること以上に、そのマニュアルやルールが設定されて理由を知るという機会を設ける必要があります。

そもそも、「マニュアル」って、そもそもなぜ必要か、なぜ、存在するのかを皆様方がお持ちの店舗では現場で働く従業員・スタッフへきちんと伝えてらっしゃいますでしょうか?

一度、店舗責任者の方にお聞きになってみてください。

・効率化?

・業務の平準化?

・品質統一?

そうやって、皆様方の店舗でお持ちの「マニュアル」を育てて頂く必要があるのではないでしょうか?

 

Follow me!

The following two tabs change content below.
morikawa55-tomoe

morikawa55-tomoe

代表社会保険労務士森川事務所
スポーツクラブ定着コーチ。社会保険労務士。 大阪生まれ。スポーツクラブを運営、経営する企業に、スタッフも会員も定着する施設を作るノウハウを伝える専門家。「スポーツクラブのための定着率向上委員会」をベースに、施設ごとに、ワークショップ型のコンサルティングを手掛けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です